メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
FC岐阜元社長

会社設立へ…ALS発症、経験生かし支援

新会社について記者会見する恩田聖敬さん=岐阜市で2016年5月10日午前9時36分、石塚誠撮影

 全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症し、サッカーJ2・FC岐阜の社長を昨年12月に辞任した恩田聖敬(さとし)さん(38)が10日、岐阜市内で記者会見し、障害者支援に向け講演などを通じて情報発信する会社を設立する考えを明らかにした。創業資金として500万円を目標にインターネットで寄付を募り、6月30日の設立を目指す。

 ゲーム施設運営会社の社員から2014年4月にFC岐阜社長に就任した恩田さんは昨年1月、ALSの発症…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文677文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです