日本政府

北朝鮮「核保有国宣言」容認せず 改めて示す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 北朝鮮の金正恩第1書記が朝鮮労働党大会で「責任ある核保有国」と宣言したのに対し、政府は9日、容認しない姿勢を改めて示し、核・ミサイル開発の抑止に向け米国、韓国と連携していく考えを強調した。

 菅義偉官房長官は同日の記者会見で「国連安保理決議や6者会合共同声明を順守することなく、核保有し続ける意思を表明したのは断じて受け入れられない」と批判。「対話と圧力、行動対行動の原則の下、関係国と連携しながら北朝鮮を巡る諸懸案の包…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

あわせて読みたい

ニュース特集