メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取県PR

地味な印象を払拭の「わさび」、使った色は?

ピンク色のわさび=鳥取県若桜町で2016年5月1日、高嶋将之撮影

 ピンクを用いて県への地味な印象を変えようとする鳥取県のPR戦略に乗り、鳥取市内の食品会社がピンクのわさびを開発し売り出した。

 県は5月1日を語呂合わせで「恋の日」にするなど、ピンクでのイメージ戦略を図っている。わさびを開発したのは「ブリリアントアソシエイツ」で、西洋わさびに根菜の赤ビーツの粉末を混…

この記事は有料記事です。

残り91文字(全文241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. 橋本五輪相 聖火リレー「体調不良の方は沿道来ないで」 新型肺炎

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. WHO「致死率を考慮すると想定内」 クルーズ船2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです