遺伝子組み換え

植物「シロイヌナズナ」が奈良の大学内に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 奈良先端科学技術大学院大(奈良県生駒市)は9日、遺伝子を組み換えたアブラナ科の植物「シロイヌナズナ」がキャンパス内に生えているのが見つかったと明らかにした。近くにある温室から種子などが漏れ出た可能性が高く、第三者も交えた調査委を発足させて原因を調べている。拡散すれば野生の個体に悪影響を及ぼす恐れがあるが、キャンパス外では見つからなかったといい、…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

あわせて読みたい

注目の特集