メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

「山が歩いてきた」 派遣記者が見た

朝日が昇る高野台団地の丘を見上げる自衛官たち。土砂が流れ下った部分(右側)は芝がはげ、土がむき出しだった=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月19日午前7時53分、田畠広景撮影

 「これ以上は進めません」。現場のかなり前で止められた。4月19日午前7時過ぎ、自衛隊が規制している手前に駐車し、アスファルトの道を走った。道をふさいだ大量の土砂が、通れるようにならされている。その小山を越えるとまたアスファルト。熊本県南阿蘇村の新興住宅地、高野台団地に入った。

 上り坂は途中から完全に土の坂になった。民家の1階が土砂で埋まり、ひしゃげた赤い車がのぞく。沿道は建物の破片と土ばかり。水分を含んで滑りやすく、何回も転んだ。スニーカーは泥だらけになり、「登山靴を持ってくればよかった」と悔やんだ。

 ガー、ガーとショベルカーの音が響き、数人の自衛官が丘の上を見つめていた。丘の芝の薄緑と、土砂が流れ…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文1002文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです