メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マチネの終わりに

平野啓一郎×岸見一郎 「いま、愛について考えることの意味」

作家の平野啓一郎さん(右)と哲学者の岸見一郎さん=東京都渋谷区で2016年4月7日、森田剛史撮影

 ベストセラー「幸せになる勇気−−自己啓発の源流『アドラー』の教え2」(ダイヤモンド社、1620円)の著者・岸見一郎さんと、長編小説「マチネの終わりに」(毎日新聞出版、1836円)を上梓(じょうし)したばかりの作家・平野啓一郎さん。哲学と小説。方法は違えど、どちらの本も愛を正面から問うている。いま、愛について考える意味は何なのか?【構成・毎日新聞出版/柳悠美】

岸見 恋愛小説は若い人が読むというイメージがありましたが、主人公のクラシックギタリストが38歳、ヒロインが40歳なので新鮮でした。どうしてこの年代にしたのですか。

平野 自分が40歳になったからというのもあります。若い頃は、職業や家族がアイデンティティーを占める割合としてまだ小さく、恋愛の比重が大きくなりがちです。一方、40前後になると仕事、結婚、出産、子育てなどが複雑に絡んできて、気持ちはあってもまっすぐ進めないこともある。そういう大人の恋愛を書きたいと思いました。

この記事は有料記事です。

残り4675文字(全文5091文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです