SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『アレルギー医療革命』NHKスペシャル取材班

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

アレルギー予防の新常識に、瞠目せよ

◆『アレルギー医療革命』NHKスペシャル取材班(文藝春秋/税抜き1300円)

 花粉症や食物アレルギーによる悩みは、先進国ほど顕著だ。中でも、重篤なアレルギー反応を引き起こし、死に至ることもある食物アレルギーは深刻。だからこそ、これまで世の親たちは2000年にアメリカ小児科学会が出した〈妊娠中や授乳中、離乳食では、アレルギー食品を避けること〉という指針に従い、必死に対策を講じてきた。

 ところが、その考え方の根拠となる研究や調査はほぼ存在しなかった。それだけでなく、15年にはアメリカのアレルギー学会で、ピーナツアレルギーの予防には、子どもたちが非常に早い段階から積極的にピーナツを食べることがよいという、まったく逆の研究成果が報告されたのだ。本書が伝える「これまでのアレルギー予防の“常識”は、間違いだらけだった」の衝撃はものすごい。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文906文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集