メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
演劇づくし

別役実物語 ピッコロ劇団との邂逅

ピッコロシアターで初演された舞台「風の中の街」の一場面。左端が平井久美子

 別役実にとって、旧満州(現中国東北部)の生まれという出自は作家人生に決定的な影響を与えた。帰国後も、高知や長野を転々とする根無し草の育ちの故に、日本社会を上から見渡し、乾いた文体による不条理劇を確立した。だが一方で、年齢を重ねるにつれて地域に根ざした言葉や文化に強くひかれていった。その大きな契機となったのが、兵庫県立ピッコロ劇団との邂逅(かいこう)である。

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1098文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  4. 「全員野球できた」鶴岡東主将、全力出し切り「悔いはない」

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです