メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド・ニュースアップ

神戸市教委 「いじめ解消率100%」の疑問 子どもに向き合え=社会部・亀田早苗

 神戸市教委が「いじめ解消率100%」と公表していることに、同市立小学校で子どもがいじめに遭った父親らが疑問を呈し、神戸市長宛てに改善を求める要望書を2月に提出した。市教委はその後、報告書の記載を改めるとした。「解消率100%」の何が問題なのか。「いじめはすべて解決」を意味するのだろうか。数字を検証するとそうとは言えない実態が浮かんだ。

 市教委は、昨年7月にまとめた報告書などで、2013、14両年度のいじめは「解消率100%」とした。

この記事は有料記事です。

残り2473文字(全文2692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. SMAP再結成「ゼロではない」 中居正広さん「燃え尽き」否定も仕事への意欲湧かず 

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです