メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もうひとつの動物園

守り・伝える/114 東京めだか/7 /東京

新潟大学では酒泉教授らがキタノメダカなど世界のメダカ約20種を何世代にもわたり飼育している=新潟市西区で新潟大学では酒泉教授らがキタノメダカなど世界のメダカ約20種を何世代にもわたり飼育している=新潟市西区で

「地域色」は自然の財産

 大型連休が明けたが、東京では連休ごろからメダカの産卵が始まっている。新潟大学の酒泉満教授によると、野生のメダカは昼の時間が14時間を超え、最高気温が20度くらいになると卵を産む。ただ、ふ化した子どもたちは、東京のミナミメダカの場合、暖かい期間が長いため、夏に卵を産み始めるが、東北の日本海側にすむキタノメダカは夏が短く、翌春の産卵が一般的。生息地の気候や環境にあわせた「地域色」を持っているのだ。

 ミトコンドリアDNAに含まれる遺伝子を解析すると、キタノメダカは北日本型など三つ、ミナミメダカは東…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです