メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から・ひょうご

子宮頸がんワクチン、健康被害の女子高生 留年、転校、でも「学びたい」 /兵庫

子宮頸がんワクチン接種後、さまざま症状に苦しみながら自宅で勉強する女子高生=神戸市で、井上元宏撮影

 子宮頸(けい)がんワクチン接種後に全身の痛みや記憶障害になり、留年や転校を余儀なくされた女子高校生たちがいる。「学びたい」という意欲を持ちながら、症状が4〜5年も続き、将来を見通せない不安を募らせる。行政の支援も後手に回っている。県内で健康被害を訴える高校生の実情を取材した。【井上元宏】

 神戸市の通信制高校に通う女子高校生(17)は4月から1日も通学できないでいる。日によっては、激しい頭痛と全身のだるさで起き上がることさえできない。症状が落ち着いても、常に頭痛がする上、刺すような痛みが腹部を襲い、膝から下に力が入らず歩きにくくなることもある。

 しんどくなった時に、周囲が助けてくれるのか不安で、学校の前まで行ったのに入れなかったこともあった。…

この記事は有料記事です。

残り1273文字(全文1598文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです