メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしQ

熊本地震 女性配慮の避難所に /九州

避難所内に設けられた段ボール製の簡易型の授乳・更衣室

 熊本地震の避難所では、プライバシーを守りにくい環境下で、女性や子どもが不安を感じたり、性被害やDVなどに巻き込まれたりしないよう、熊本市男女共同参画センター「はあもにい」が、発生直後からチラシを作り、設備の工夫を呼び掛けている。避難所の実際の取り組みを取材した。【青木絵美】

 ■簡易更衣室で安心

 熊本市東区の秋津小学校の避難所。避難者が体を休めている体育館の一角に、段ボールでできた簡易型の授乳・更衣コーナーが置かれていた。新潟の震災ボランティア団体が資材を届け、子どもの避難者が協力して組み立てた。家族4人で避難していた中学1年の大林結菜さん(12)は「着替えに使っている。ちゃんとスペースがあると安心」と話す。

 避難所の開設当初はこうした目隠しになる設備はなく、大林さんも、車の中やトイレを使っていたといい「狭…

この記事は有料記事です。

残り1514文字(全文1872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです