メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

オバマ氏広島訪問(その1) 日米深化へ新時代

オバマ米大統領の広島訪問決定について報道陣の質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で10日午後9時5分、真野敏幸撮影

 日米両政府は10日、オバマ米大統領が今月27日に広島を訪問すると発表した。現職米大統領として初めての被爆地訪問には安倍晋三首相も同行、日本政府としては日米関係の新たな時代をアピールする機会と位置づける。「核兵器なき世界」を提唱し、広島訪問に意欲を示してきたオバマ氏も、原爆投下を正当化する考えが根強い米国内の世論を慎重に見極め、ようやく訪問発表にこぎつけた。

 「唯一の戦争被爆国の首相である私と、世界で唯一核兵器を使用した国の指導者がともに犠牲者に対し哀悼の誠をささげる。このことが犠牲となった方、今も苦しむ人々の思いに応えるものと私は信じている」。安倍首相は10日夜、オバマ氏に謝罪を求めないのかと記者団に問われ、日米首脳がそろって広島入りすることの意義を訴えた。

 原爆が広島に投下されて70年以上が経過。日本政府は、原爆の投下国と被害国の首脳がそろって広島を訪問する機会を、日米関係の成熟度を示す機会としたい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り3839文字(全文4250文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです