メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

ダメオシ 環境アセス 明確な基準を 日本自然保護協会保護室長・辻村千尋氏

 事業を推進したい業者自らが調査を行い、報告書をまとめるため、恣意(しい)的な内容になってしまうということは以前から指摘されています。事業ありきの「アワス(合わす)メント」と皮肉られるのもこのためです。報告書を見ても、「専門家に意見を聞いた」としか書いておらず、どこの誰に聞いたか分からないことも多い…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです