メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

’16春/2 核廃絶の道筋つけて 谷口稜曄さん(87)

谷口稜曄さん

 「核兵器の使用は、人道に対する最大の犯罪です」。3月26日、マレーシアの首都・クアラルンプール郊外にあるプトラジャヤ。谷口稜曄さん(87)は高校生ら約300人を前に長崎での被爆体験を語った。同国で平和教育に取り組むNGOがシンポジウムを開き、谷口さんは、同国のマハティール元首相の招きで臨んだ。

 マレー半島は1941年12月8日、旧日本軍の奇襲上陸で南方作戦が始まった地。谷口さんも当時伝えられた戦果に「やった!」と喜んだことを覚えている。「日本の加害の歴史がある場所で、思いは伝わるだろうか」

 谷口さんは不安を胸に、熱線で背中一面を焼かれた自身の写真を示し、原爆の惨禍を伝えた。「一日も早く核…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文1036文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです