熊本地震

子供の変調、相談66件 「夜怖い」「乱暴に」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 熊本地震による子供たちの変調を訴える保護者からの相談が、熊本県内の3児童相談所で計66件に上っていることが、各児相への取材で分かった。「友人に対して乱暴になった」「夜が怖い」などの相談が寄せられているという。県教育委員会と熊本市教委は実態把握に向け、県内の全公立小中高などの児童生徒約18万人を対象にしたアンケート調査に乗り出した。

 県内には児童相談所が3カ所ある。4月14日の地震発生以降、地震と関連がある保護者からの相談は、熊本市児相31件(5月9日現在)▽県中央児相30件(10日現在)▽県八代児相5件(同)−−あった。県内では11日から全ての公立学校で休校措置が解除されるが、子供たちの心のケアが課題になりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文841文字)

あわせて読みたい

注目の特集