熊本地震

文字と手話で伝えたい…動画サイトを開設

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
佐藤さんらが開設した聴覚障害向けサイト
佐藤さんらが開設した聴覚障害向けサイト

山形の聴覚障害者支援団体「HAPUNE」

 熊本地震で被災した聴覚障害者に役立ててもらおうと、山形県の聴覚障害者支援団体「HAPUNE」(ハプネ)の佐藤万美(まみ)代表(39)が被災者向けの支援物資などの情報を手話と文章で伝える動画サイトを開設した。自身も聴覚障害がある代表の佐藤さんは「必要な情報が入らずに苦しんでいる聴覚障害者への理解を深めてほしい」と呼び掛ける。

 佐藤さんは2011年3月に東京で東日本大震災を経験した時、テレビ映像に字幕の被害情報が流れないことに気付いた。宮城県で被災した聴覚障害がある友人からも「自治体の配給情報は音声で伝えるだけで、よく分からない。とても不安だ」と連絡があり、インターネット上で被災地の情報を集めては友人に伝えた。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文768文字)

あわせて読みたい

注目の特集