メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

被災地の空き巣、厳罰化を検討へ…自・公両党

 自民、公明両党は10日の政策責任者会合で、熊本地震の被災地を狙った空き巣被害が相次いでいるとして、大規模災害時の窃盗罪について厳罰化を検討する方針を決めた。刑法の窃盗罪は10年以下の懲役または50万円以下の罰金。各政調で被災地の線引きなどの構成要件を詰めたうえで、刑法改正か新法制定かを協議する。

 自民党の稲田朋美政調会長は「財産権(の…

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです