メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南沙

米駆逐艦が航行 中国けん制「自由作戦」3回目

南沙諸島とファイアリクロス礁の位置

 【ワシントン西田進一郎】米海軍のイージス駆逐艦が10日、南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島で、中国がファイアリクロス(中国名・永暑)礁を埋め立てた人工島から12カイリ(約22キロ)の海域内を航行した。米海軍は中国による南シナ海の軍事拠点化をけん制するため、人工島の12カイリ内を艦船に航行させる「航行の自由作戦」を昨年10月から実施。今年1月に続いて今回は3回目となる。

 ファイアリクロス礁を巡っては、中国やベトナムなどが領有権を主張。実効支配する中国は埋め立てを行い、3000メートル級の滑走路や港湾施設などの施設整備をしている。さらに中国海軍が先月、哨戒機1機を同礁に着陸させ、今月2日には揚陸艦を派遣するなど、軍事拠点化が一層、進んでいる。

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡・大濠公園にイノシシ 警官ら大捕物、逃走後「御用」に

  2. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  5. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです