メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領

27日広島へ 現職初、原爆投下から71年

 【ワシントン西田進一郎】日米両政府は10日、オバマ米大統領が三重県志摩市で開催される主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)終了後の27日に被爆地・広島を訪問すると発表した。安倍晋三首相は10日夜、オバマ大統領に同行することを明らかにした。ローズ米大統領副補佐官は「大統領の広島訪問の可能性について、太平洋を挟んだ(日米)双方から関心が高まっていた」と指摘。ホワイトハウスは声明で「核兵器なき世界を追求する決意を示す歴史的な訪問だ」と意義を強調した。

この記事は有料記事です。

残り1086文字(全文1309文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです