米大統領広島へ

被爆地の声聞いて「核被害、怖さ伝える」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
被爆体験を語る梶本淑子さん=広島市中区で2016年4月9日、川平愛撮影
被爆体験を語る梶本淑子さん=広島市中区で2016年4月9日、川平愛撮影

 広島、長崎の人々の頭上に人類で初めて原爆を落とし、今も世界最大規模の核兵器を保有する米国のトップが、原爆投下から71年を経て初めて被爆地を訪れる。広島の被爆者や関係者は、オバマ大統領の広島訪問決定にさまざまな思いを交錯させ、自分たちの声に耳を傾けてほしいと期待を寄せた。【山田尚弘、竹下理子】

 元中学教諭で広島県原爆被爆教職員の会会長の江種祐司さん(88)=府中町=は「原爆によってどんな被害が出たか、オバマ氏自身が事実を知ろうという気持ちがあるのなら、喜ばしい」と歓迎した。一方で、「被爆直後は無傷だった人間でも、耳や鼻から血を流し、体に紫色の斑点が浮かんで亡くなっていく例が多かった。そういう被害こそが核被害の本当の恐ろしさで、被爆者から話を聞かなければ分からない」と語った。

 14歳の時、爆心地の北約2.3キロで被爆し、4月の主要7カ国(G7)外相会合で報道関係者向けに証言した梶本淑子さん(85)=広島市西区=は「原爆投下から70年以上たち、あまりにも遅すぎる」と批判する一方で「被爆者の証言を少しでもいいから聞いてほしい。いかに原爆がむごいものかが伝わるはず」と願った。

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1479文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集