メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

白い花のメッセージ=近藤勝重

 先の連休はラジオの仕事で出掛けたほかは、たいてい家にいた。ごろごろしていると体がなまり、眠りも浅くなる。もっと体を動かさなければと深夜外に出て、街灯がうっすら照らす道を歩いたりもした。

 その夜のことだが、事物のほとんどが闇に包まれ、色もはっきりしないのに、前方の植え込みが白く光っている。え、雪……まさか、そんなことはと思いつつ近寄ると、雪のように見えたのはびっしりと白い花をつけたツツジだった。近くで咲く赤紫色のツツジなどは、昼間だと地面から燃え上がらんばかりだが、今は色合いもぼやけている。

 道端の草むらに群生しているシロツメクサやヒナギクは白い小花を際立たせ、夜を忘れたみたいに浮かび上が…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです