メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・アーティスト

ダニエル・コラン&マティルド・フェブレール 今こそ燃え盛る連帯の伝統

 20世紀前半の仏・パリでミュゼットと呼ばれる3拍子の音楽が流行した。アコーディオンを中心とする楽器編成で、移民が多く住む下町のカフェなどで演奏されて、男女がペアで踊った。もともと異文化の融合から生まれた音楽だが、黄金期にギュス・ビズールやトニー・ミュレナといったアコーディオン奏者がスイングジャズの要素を取り入れて、さらに発展させた。

 そのギュスとトニーが生誕100年を迎えた昨年、アコーディオン界の重鎮ダニエル・コランを中心とするユ…

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1146文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです