メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわて人模様

釜石林檎果実酒に挑戦する果樹農家 二本松誠さん(52) /岩手

二本松誠さん

 5日、果実酒「釜石林檎(りんご)シードル」(750ミリリットル、税込み2376円)が発売解禁となった。「甘辛くさっぱりした味が三陸の魚介にぴったり。(用意した)75本が完売したのは、多くの人たちのお陰」。原料のリンゴを生産する。最後の1本が売れると、一緒に店頭販売した妻サカエさん(52)や商品化を進めたNPO法人「遠野まごころネット」理事長、臼澤良一さん(67)と握手した。

 長内(おさない)川沿いに扇状地が東西に延びる釜石市鵜住居(うのすまい)町日向(ひかた)地区。栽培する1ヘクタールのリンゴ畑には今、400本余りの木に白い花が満開となっている。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  3. ORICON NEWS 山形県出身の峯田和伸&橋本マナミ、同郷舞台の純愛映画で共演

  4. 大阪モデル緩和 「社会を動かしていく」と主張した吉村知事は何を意識したのか

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです