メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

基本協定

関越道・花園IC付近に野菜づくしの複合型施設 深谷市とキユーピーが締結 /埼玉

 関越道の花園インターチェンジ(IC)付近にアウトレットモールなどを建設するプロジェクトで、深谷市は4月27日、「公共ゾーン」の整備・運営の委託に向けて食品メーカー「キユーピー」(東京都渋谷区)と基本協定を締結した。多様な野菜を栽培する畑や、地域の野菜料理が味わえるレストランなど、野菜づくしの複合型施設「深谷テラスFarm(仮称)」を2019年春にオープンする予定。

 事業用地は約2万4000平方メートルで、深谷市周辺や全国各地の野菜を販売する「野菜SHOP」も設け、施設内では収穫から調理まで幅広く学べる「野菜教室」を開く。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです