基本協定

関越道・花園IC付近に野菜づくしの複合型施設 深谷市とキユーピーが締結 /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 関越道の花園インターチェンジ(IC)付近にアウトレットモールなどを建設するプロジェクトで、深谷市は4月27日、「公共ゾーン」の整備・運営の委託に向けて食品メーカー「キユーピー」(東京都渋谷区)と基本協定を締結した。多様な野菜を栽培する畑や、地域の野菜料理が味わえるレストランなど、野菜づくしの複合型施設「深谷テラスFarm(仮称)」を2019年春にオープンする予定。

 事業用地は約2万4000平方メートルで、深谷市周辺や全国各地の野菜を販売する「野菜SHOP」も設け、施設内では収穫から調理まで幅広く学べる「野菜教室」を開く。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文497文字)

あわせて読みたい

注目の特集