メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメラ探訪

アイアンプラネット 長田工業所「溶接のテーマパーク」 “宇宙服”で作業体験 福井・坂井 /北陸

遮光面をつけて溶接を体験する人たち=福井県坂井市で、長田工業所提供

 福井県坂井市春江町西長田の金属加工会社、長田(おさだ)工業所が「溶接のテーマパーク」として工場の一部で、見学や体験を受け入れている。愛称はアイアンプラネット(鉄の惑星)。溶接作業の際に光や火花から目や体を守る遮光面や防炎服が宇宙服のように見えることから名付けた。昨年6月のオープン以来、100人以上が訪れた。

 長田工業所は40〜60代のベテラン社員が中心の会社で、若手の人材不足に悩んでいた。小林輝之社長(41)は「子供の時、溶接作業を初めて見て独特の光や音に魅せられた。若い人にも関心を持ってほしかった」と開設の経緯を話す。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです