メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 花組「ミー&マイガール」 明日海、明るく生き生きと /兵庫

息のあった歌と踊りを披露するビル役の明日海りお(左)とサリー役の花乃まりあ=宝塚大劇場で、山田哲也撮影

 宝塚歌劇団花組が、宝塚大劇場でミュージカル「ミー&マイガール」(L・アーサー・ローズ/ダグラス・ファーバー作詞・脚本、三木章雄脚色・演出)を上演している。花組トップコンビの明日海(あすみ)りおと花乃(かの)まりあが、下町育ちの伯爵家の跡継ぎ青年ビルと、幼なじみの恋人サリーの物語を熱演。1937年にロンドンで初演された大ヒットミュージカルで、宝塚歌劇では87年に月組が初演して以降、再演を重ねてきた作品だ。6月6日まで。【文・小寺裕子、山本愛、写真・山田哲也】

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです