メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九商マリンエクスプレス

宇久島寄港取りやめ、佐世保港を使えず 島民、ガソリン供給に不安 /長崎

 佐世保市浦頭(うらがしら)地区の佐世保港から離島へ物資を運ぶ「九商マリンエクスプレス」(長崎市)が12日から貨物フェリーの運航ルートを変更し、宇久島(佐世保市)寄港を取りやめることが分かった。ガソリンなどが届かなくなる恐れがあり、島民は「暮らしがどうなってしまうか不安だ」と訴えている。

 九商は佐世保港を起点に毎日1往復、新上五島、小値賀島、宇久島の3島を回って物資を運んできた。しかし今年1月、浦頭地区の自治会…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです