連載

家族2016

毎日新聞デジタルの「家族2016」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

家族2016

介護のとき/2 ネット通じ、いつでも見守り

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
電動車椅子に乗る妻の和子さんを見守る小梅弥一さん(右)=横浜市都筑区の「グッドタイム リビング 横浜都筑」で、西田真季子撮影
電動車椅子に乗る妻の和子さんを見守る小梅弥一さん(右)=横浜市都筑区の「グッドタイム リビング 横浜都筑」で、西田真季子撮影

 「お前は何もしてくれない」。電話の向こうの母はぐちっぽく繰り返す。何が不満なのだろう。聞きだそうとすると怒り出す。なだめつつ、なんとも切ない気持ちになる。

 長野県のフリーライター、中崎伸江さん(53)=仮名=は近くに住む認知症の母(80)を介護している。母は勝ち気な性格で昔から、娘に対してきつい言い方をする。数十メートル離れた婚家に住む中崎さんは、時折実家に通いながら見守っていた。

 認知症と診断されたのは3年前。買い物をして食事を作ることはでき、医師やケアマネジャーは「1人暮らしは十分できます」という。だが症状が進み、身支度が間に合わないためデイケア施設に通えなくなってきた。

この記事は有料記事です。

残り1968文字(全文2260文字)

あわせて読みたい

注目の特集