メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

走る本屋さん

出発 札幌の社団法人、道内の書店ない街へ

巡回を始めた「走る本屋さん」のワゴン車=北海道妹背牛町で、藤渕志保撮影

 地方の読書環境を整備しようと、一般社団法人「北海道ブックシェアリング」(札幌市)は今春、書店のない道内自治体で移動書店「走る本屋さん」を始めた。ワゴン車1台に絵本や児童書の新刊約800冊と古本約2200冊を積み、今年度は計6自治体に月1回程度巡回する予定。同法人は「読書は文化の基盤であり、生きる力につながる。子どもも大人も気軽に本を手に取れる環境にしたい」と話している。【藤渕志保】

 同法人によると、道内179市町村のうち約3割に当たる47市町村に書店が一つもない(昨年11月現在)…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです