女子バレー

エース古賀紗理那の決意、故郷熊本へ元気を

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

14日からリオ五輪最終予選

 14日から始まる女子バレーボールのリオデジャネイロ五輪世界最終予選兼アジア大陸予選(東京体育館)で、日本の若手エース、古賀紗理那(19)=NEC=は強い覚悟を持って大一番に挑む。4月中旬から地震が続く熊本県出身。「私に今、できることはバレーボールで元気を届けること」と意気込む。【小林悠太】

 9日に東京都内で開かれた五輪予選へ向けての記者会見。「熊本の皆さんは今も大変な生活を送っている。バレーができていることに感謝し、一生懸命プレーしたい」。照れ屋な性格で人前では小声になる古賀が、はっきりした口調で語った。

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文777文字)

あわせて読みたい

注目の特集