サッカー

どうなる浦和と横浜マ 三菱自と日産が資本提携

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
浦和レッズサポーター=2015年6月27日、岡礼子撮影
浦和レッズサポーター=2015年6月27日、岡礼子撮影

 三菱自動車の燃費データ不正問題が日産自動車との資本業務提携交渉に発展したことで、三菱がスポンサーの浦和レッズや、日産がスポンサーの横浜F・マリノスなどサッカー・Jリーグの両クラブの運営にも大きな影響を与えそうだ。今後、浦和レッズのチーム名やチームカラーの「赤」が消える可能性もあり、関係者は交渉の行方を注視している。

 Jリーグの規約では、クラブの経営に関与できるほどの株式保有比率の高い企業が、ほかのクラブの株式を大量に保有することが禁じられている。公平性を担保するための規約で、横浜F・マリノスの74.59%を保有する日産が、浦和レッズの株式50.625%を保有する三菱を傘下に置けば、この規約に該当する可能性もある。

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文726文字)

あわせて読みたい

注目の特集