メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長野2人殺害

被告に逆転無罪 東京高裁「心神喪失状態」

 弟と祖母を刺殺したとして殺人罪に問われた長野県松本市の無職の男性被告(33)に対する控訴審判決で、東京高裁は11日、懲役8年とした裁判員裁判の1審・長野地裁松本支部判決(2014年12月)を破棄し、無罪を言い渡した。大島隆明裁判長は「事件当時、被告は強い妄想の影響で心神喪失状態だった」と判断し、刑事責任能力を認めなかった。

 殺人事件の控訴審で裁判員裁判による有罪判決を破棄して全面無罪としたのは、母親を殺害した大分県竹田市…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. 春の叙勲 令和初、4225人が受章
  3. 大きな虹 福岡の空に
  4. 中国、ファーウェイを全面支援 官民一体で米に反発
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです