メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長野2人殺害

被告に逆転無罪 東京高裁「心神喪失状態」

 弟と祖母を刺殺したとして殺人罪に問われた長野県松本市の無職の男性被告(33)に対する控訴審判決で、東京高裁は11日、懲役8年とした裁判員裁判の1審・長野地裁松本支部判決(2014年12月)を破棄し、無罪を言い渡した。大島隆明裁判長は「事件当時、被告は強い妄想の影響で心神喪失状態だった」と判断し、刑事責任能力を認めなかった。

 殺人事件の控訴審で裁判員裁判による有罪判決を破棄して全面無罪としたのは、母親を殺害した大分県竹田市の男性を心神喪失状態と判断した11年10月の福岡高裁判決(確定)以来、2例目。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです