障害者支援法案

衆院委員会で可決 介護保険の利用料軽減

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 高齢の障害者に対する介護保険の利用料軽減などを盛り込んだ障害者総合支援法改正案が11日、衆院厚生労働委員会で可決された。今国会中に成立する見通しで、2018年4月から施行される。

 法案審議を巡っては、10日の参考人質疑で民進党が推した難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の男性患者が出席できない騒動が…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

あわせて読みたい

ニュース特集