メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学関連

東京芸大生が2074年のユートピア表現 フランスの団体が優秀者招待

[PR]

 2074年のユートピアを芸術で表現−−。東京芸術大学美術学部と同大学院芸術研究科の学生が、58年後の「夢の世界」をテーマとした創作に取り組んでいる。審査で選ばれた数人の作品は、18年にパリでの展示が決まっている。

     「2074、夢の世界」と名付けられたこの賞は、ファッション、香水、シャンパン、陶磁器などフランスを代表する80の高級ブランドをメンバーとする「コルベール委員会」が主催する。14年に60周年を迎えたのを機に、同委員会はSF作家や音楽家、言語学者などに「60年後の理想の世界」の表現を依頼。物語6作、音楽1作品と14の新語が誕生した。

     74年の世界を実際に目にするに違いない若者に、これらの作品から新たなアートを作り出してもらおうと、同委員会が東京芸大に協力を呼びかけ、賞が設けられた。学生たちには作家や音楽家らが表現した世界から、平面、工芸、彫刻、写真、映像などの作品を生み出すことが求められている。

     現在学生らは作品のプランを作成中で、7〜9月に同大教員10人による1次審査が予定されている。通過者25人には20万円が同委員会から支給され、約半年間制作に当たる。完成した作品は来年5〜6月、構内での展示を経て文化人などによる2次審査を行う。数作品をパリで開催される展覧会に出展し、優秀者は展覧会に招待される。

     同委員会のリシャール・コラス氏(シャネル日本法人社長)は「60年先を見すえた日本とフランスの文化交流のために、世界的に有名な芸大の若手のアーティストに作品を作ってもらおうと考えた」と企画の意図を説明する。また、同大副学長の保科豊巳教授は「歴史的にも芸大はフランスと深いつながりがあり、フランスを尊敬し、フランスから学んできた。この素晴らしいチャンスに学生たちは、工芸の持つ伝統を大切にしつつ、思いもしない新しい世界を作り上げるのでは」と期待を寄せている。

     作家や音楽家らが創作した作品は「2074、夢の世界」のホームページで閲覧できる。【上杉恵子】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

    2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

    3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

    4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

    5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです