メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 共和「団結」対話開始 トランプ氏、下院議長と会談

 【ニューヨーク國枝すみれ】米大統領選の共和党候補指名を確実にした実業家ドナルド・トランプ氏は12日、党主流派のポール・ライアン下院議長と会談した。会談後に発表された共同声明では、11月の本選で勝利するため「共和党は基本方針を統一して団結することが重要だ」と主張。ただ、ライアン氏は依然としてトランプ氏への支持表明は避けており、指名争いの過程で亀裂が生じた党の融和には時間がかかることをうかがわせた。

 ライアン氏は会談後の記者会見で、トランプ氏について「温かい、正直な人物」と述べ、「とても勇気づけら…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  2. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  3. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  4. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです