メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東証、一時1000円超安 新型コロナ感染拡大懸念
人生は夕方から楽しくなる

美容外科医 高須克弥さん

西原さんが描く漫画には、高須さんとの爆笑エピソードが満載。「ぜーんぶホントのことです」=東京都港区で、猪飼健史撮影

すべてに「イエス!」 困っている人幸せに

 「お待たせしました!」と医院の応接室にパタパタと現れた高須さん。オペが長引いたようだ。ふと見ると、後頭部にクルンと金髪の寝癖。実は見た目をあまり気にしないタイプらしい。美容外科の第一人者として超有名人だが、なんだか親しみがわいてくる。

 これほどヘリが似合う医師もいないだろう。「イエス! 高須クリニック!」の合言葉で有名なCMで自身が乗り込む場面があるが、それだけではない。先月の熊本地震発生直後、水や衛生用品などの救援物資を準備し、ヘリをチャーター。そのヘリで佐賀まで物資を運び、そこからリクエストのあった被災各地へ飛び、配って回った。「こういう緊急事態では迅速に届けなければ意味がないんですよ」とさらり。

 「災害支援活動」は今回が初めてではない。阪神大震災や東日本大震災のときは、避難所を訪れ、被災者の傷の手当てをした。さらに災害で被災した学生への奨学金目的で母校の昭和大学に寄付をした。また、災害ではないが、一般財団法人「かっちゃん基金」を設立し発展途上国の子どもたちへ経済支援。資金難と報じられた女子アイスホッケーの日本代表選手や、突然妊娠を公表したフィギュアスケートの安藤美姫さんのスポンサーを買っ…

この記事は有料記事です。

残り1311文字(全文1836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです