メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

殿、利息でござる! 緩急の妙、深い歴史考証

 江戸時代といえば「身分」という圧倒的なヒエラルキーが存在する社会。支配階級の武士たちが年貢を取り立て、藩の財政を考える。だが、支配される側の人々が力を合わせて、藩に働きかけ町の財政再建に乗り出したら……。逆転の発想がユニークな実話を元にした歴史映画である。

 藩の重い年貢で夜逃げが相次ぐ宿場町、吉岡宿。造り酒屋を営む穀田屋十三郎(阿部サダヲ)は仲間の知恵者・菅原屋篤平治(瑛太)から、藩に大金を貸し付け、その利息で町を救う案を聞き、実行を決意する。十三郎の呼び掛けに、葛藤しながらも私財をなげうち出資する町の有力者たち。十三郎の弟で、実家の質屋を継いだ浅野屋甚内(妻夫木聡)も絡み、前代未聞の計画が進んでいく。

 物語が割とスムーズに進行する部分と、計画に障害が発生する場面との緩急の付け方が絶妙で、スクリーンに…

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1370文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです