メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電子図書

障害児に読書の扉を 音声や字幕に工夫 港の財団法人が支援学校などに提供 /東京

 障害のある子どもたちも読書を楽しめるように、音声や字幕が工夫された電子図書「マルチメディアDAISY」が、都内の図書館や特別支援学校に提供されている。公益財団法人・伊藤忠記念財団(港区)が製作し、視覚や聴覚、知的などさまざまな障害を持つ人に読書の扉を開き、健常者の理解も広げようとしている。

 「昔こっぽり、にゃんこの目」。朗読の音声をたどるように、画面の字幕の背景が黄色に変化する。新宿区立戸山図書館の「おはなし会」で4月末、DAISYの「桃太郎」などが紹介された。参加した幼児や小学生ら十数人が、岡山県の方言で語られる物語に見入った。

 DAISYは、ページごとに文章を自動で読み上げる仕組み。身体が不自由で紙をめくれなくても、自動でペ…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文763文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 防災なるほドリ 帰れなくなったらどうしたらいいの?=回答・金森崇之
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 震源は「新潟-神戸ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです