メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

熊本地震1カ月の課題

いまだに車中泊を続けざるをえない人たちが多い熊本県益城町総合体育館前の駐車場=2016年4月25日午後7時半、須賀川理撮影

 死者49人という大きな被害を出した熊本地震。最初の震度7の地震発生から14日で1カ月を迎えるが、震度1以上の地震は約1400回を数え、約1万人が今も避難生活を送る。長引く車中泊、地域の分断、障害者など災害弱者への対応……。終息の見えない状況で、被災者支援の課題はどこにあるのか。

 熊本学園大学(熊本市中央区)は指定避難所ではなかったが、4月14日夜の最初の地震直後に被災者の要望を受け、バリアフリー化されていた校舎を選んで開放した。最大で700人以上、今も夜間だけの利用者も含め、約50人を受け入れている。

 被災者は元の生活圏がずたずたになり、戻っても容易に暮らしてゆけない。一方、格差社会の中、精神的にも金銭的にも生活再建への自助努力には限界がある。「共助」という言葉も困窮者同士が手を結ぶだけでは限界で「自助」「公助」の積み重ねの上で、機能しうることを見過ごすべきではない。さらに被災地は都市圏から中山間地まで広がり、被災状況も多様であり、きめ細かな支援が必要になる。

この記事は有料記事です。

残り4007文字(全文4444文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです