メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

収入があることのありがたさ=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 私が社長を務める気仙沼ニッティングは、東日本大震災後の東北で、一時的な復興支援が引いたあとも地域に根づき持続していく産業をつくろうと設立した手編みニットの会社だ。地元の女性たちが編み物のトレーニングを受け、技術を習得し、プロの編み手として仕事をしている。自宅で、自分のペースでできる仕事であるため、育児や介護などの事情で外に出られない人も多く働いている。

 先日こんなことがあった。年度末に会社の利益の一部を、新しい技術を習得した編み手にボーナスとして配っ…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです