メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

地震起こす「古傷」活断層

国内の主要な活断層

 熊本地震からまもなく1カ月。布田川(ふたがわ)・日奈久(ひなぐ)断層帯と呼ばれる活断層の一部が動いたことが地震の原因だ。そもそも活断層とはどういうものだろうか。

 ●阪神大震災で注目

 東日本大震災は地球を覆う巨大な岩板(プレート)の境界がずれることで起きる海溝型地震だったが、熊本地震は地下の岩盤(地層)が割れ、ずれることで揺れが生じる内陸地殻内地震と呼ばれる。そのずれの面が断層だ。特に過去にずれを繰り返し、今後も動く可能性のあるものを活断層と呼ぶ。1960〜70年に断層の「活動度」や地震規模の推定など、全国的な調査や研究が進み、80年に学者グループが集大成として約200万年前から現在までに動いた活断層をまとめた大著「日本の活断層」を出版した。

 一般の人々には聞き慣れない言葉だったが、一変したきっかけは、95年の阪神大震災だ。淡路島の北西岸に…

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1313文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです