メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

16年度補正を閣議決定 復旧へ7780億円

麻生太郎財務相=国会内で2016年5月12日午後1時、藤井太郎撮影

 政府は13日、熊本地震の復旧に向けた2016年度補正予算案を閣議決定した。予算規模は総額7780億円。17日に成立する見通しで、早期の被災地復旧や被災者の生活再建を目指す。

 予算の約9割にあたる7000億円は事前に使途を限定しない「熊本地震復旧等予備費」の新設に充てる。地元自治体などの要望も踏まえ、道路や橋などのインフラ復旧やがれき処理、被災した中小企業の事業再建などに…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 消える遊郭の町家風情 奈良・大和郡山 老朽化進み3月以降4棟取り壊し

  5. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです