メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人工衛星

お手軽キット大阪府大が発売へ 開発費用半額に

南部陽介さん(左)が中心となり作製した超小型人工衛星キットの試作品=堺市の大阪府立大で2016年5月11日午後5時25分、畠山哲郎撮影

兵庫の電子機器製造会社と共同開発

 大阪府立大(堺市中区)と電子機器製造会社「ニッシン」(兵庫県宝塚市)が、超小型人工衛星を製作できるキットの共同開発を進めている。9月に発売する予定で、既に全国の工業高校や高専などから、利用したいとの声が寄せられているという。開発者たちは「研究や教育に利用され、宇宙への夢を広げることにつながれば」と願っている。

 キットは、データ処理などを行う基板と通信機、バッテリー、アルミニウム製の外装などがセットになってい…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文671文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. ORICON NEWS 逆ナンにハマる肉食女子や“やっちゃう系”のヅカ女子に密着
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです