メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人工衛星

お手軽キット大阪府大が発売へ 開発費用半額に

南部陽介さん(左)が中心となり作製した超小型人工衛星キットの試作品=堺市の大阪府立大で2016年5月11日午後5時25分、畠山哲郎撮影

 大阪府立大(堺市中区)と電子機器製造会社「ニッシン」(兵庫県宝塚市)が、超小型人工衛星を製作できるキットの共同開発を進めている。9月に発売する予定で、既に全国の工業高校や高専などから、利用したいとの声が寄せられているという。開発者たちは「研究や教育に利用され、宇宙への夢を広げることにつながれば」と願っている。

 キットは、データ処理などを行う基板と通信機、バッテリー、アルミニウム製の外装などがセットになっている。組み立てると1辺約10センチ、重さ約800グラムの立方体となる。空きスペースがあり、宇宙で使いたい機器を搭載し、アマチュア無線で地上と情報のやりとりができる。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 「ポケモンを埋葬」仏記者、中国哀悼行事の放送中に発言 1週間の停職処分に

  3. 「都内感染者の増え方、ほぼ想定内」東京都、1日最多の143人感染 2日連続の100人超

  4. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです