メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

大統領停職 上院、弾劾裁判を決定

 【サンパウロ朴鐘珠】ブラジル連邦議会上院(定数81)は12日、国家会計を粉飾したとされるルセフ大統領に対して弾劾裁判を開くことを、賛成55、反対22の賛成多数で決定した。ルセフ氏は同日から180日間職務を停止され、並行して上院で裁判の審理が進む。判決が出るまではテメル副大統領が暫定大統領に就く。2003年から続く左派労働党政権は、政界汚職と不況で国民の信頼を失い存続の危機に追い込まれた。

 裁判は8月のリオデジャネイロ五輪開幕後も続く可能性がある。弾劾賛成派、反対派の衝突による政治的混乱…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです