メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民泊

表札掲示を検討…周辺住民の懸念解消へ 厚労省

「民泊」施設となるJR蒲田駅から徒歩3分のマンションの1室=東京都大田区で2016年2月9日午前11時27分、早川健人撮影

 空き家やマンションの空室に旅行者を泊める民泊の解禁を巡り、厚生労働省は、民泊施設に表札を掲げることを求める検討を始めた。都市部で横行する「ヤミ民泊」では、知らない間に旅行者が宿泊していることに周辺住民から不安の声が上がっており、民泊の施設であることを明確にして懸念払拭(ふっしょく)を図る。厚労省は…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです