メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

白鵬駄目押し…横審がダメ出し

魁聖(奥)を寄り切りで降し、土俵下まで落とした後、勝ち名のりを受けるため引き揚げる白鵬=東京・両国国技館で2016年5月12日、猪飼健史撮影

 東京・両国国技館で12日に行われた大相撲夏場所5日目の取組で、横綱・白鵬が小結・魁聖を寄り切った後、土俵下に突き飛ばした。白鵬は3月の春場所でも駄目押しで審判の親方に大けがをさせ、今場所4日目(11日)にも駄目押しで二所ノ関審判部長(元大関・若嶋津)が苦言を呈したばかり。12日に視察した横綱審議委員会(横審)は、白鵬に自制を求めた。

 取組後、白鵬は「押しても離れても相撲が取れている」と気にするそぶりはなかった。しかし、横審の守屋秀…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文522文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  3. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田
  4. クックパッドニュース ウソ⁉「マシュマロ」が◯◯するだけで“マカロン”風に大変身☆
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです