メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

白鵬駄目押し…横審がダメ出し

魁聖(奥)を寄り切りで降し、土俵下まで落とした後、勝ち名のりを受けるため引き揚げる白鵬=東京・両国国技館で2016年5月12日、猪飼健史撮影

 東京・両国国技館で12日に行われた大相撲夏場所5日目の取組で、横綱・白鵬が小結・魁聖を寄り切った後、土俵下に突き飛ばした。白鵬は3月の春場所でも駄目押しで審判の親方に大けがをさせ、今場所4日目(11日)にも駄目押しで二所ノ関審判部長(元大関・若嶋津)が苦言を呈したばかり。12日に視察した横綱審議委員会(横審)は、白鵬に自制を求めた。

 取組後、白鵬は「押しても離れても相撲が取れている」と気にするそぶりはなかった。しかし、横審の守屋秀繁委員長(千葉大名誉教授)は「駄目押し気味だった。熱心に観戦するお客さんにけがをさせてしまうと思ってもらいたい」と述べた。7月の名古屋場所で横綱昇進10年目に入る白鵬について、守屋委員長は「そのくらい横綱という地位にいると、(周囲が)たてまつってしまう。自分のやっていることを、間違えて考えてしまうの…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです