メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊具事故

支柱折れ男児けが 山形の公園、市公表せず /山形

事故があった遊具と同型の回転式ジャングルジム=山形市江俣2の江俣東公園で

 山形市南松原2の南山形公園で4月下旬、回転式のジャングルジムの支柱が折れ、遊んでいた小学1年の男児(6)がけがをしたことが分かった。記録は残っていないが少なくとも20年以上は経過しており、支柱の金属疲労が原因という。同市は同年代に設置されたとみられる同型の遊具28基をブルーシートで覆って当面の使用を禁止したが、一切公表していなかった。県によると、県内には同型の遊具が105基あるという。

 市公園緑地課によると、男児は4月22日、同公園の回転式のジャングルジム(高さ約3メートル、重さ約100キロ)に乗って遊んでいたところ、本体を支える柱(太さ約15センチ)の根元が折れ、遊具は倒壊。男児は尻餅をつき、擦り傷をした。男児の母親の連絡を受けて、市は遊具や支柱を撤去し、コンクリートで地面を固めた。今月13日に山形署に事故を届け出たという。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです