メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浜岡原発

停止5年、全首長毎日新聞アンケ(その2止) 安全性に疑問、根強く /静岡

今年3月に完成した浜岡原発の防波壁=御前崎市の浜岡原発で

 再稼働の際に地元同意を求める範囲について、原発から30キロ以上離れた24市町に質問したところ、7市町が「30キロ圏内」、6市町が31キロ以上の自治体も含めるべき、と回答した。九州電力川内(鹿児島県)、関西電力高浜(福井県)の各原発が東日本大震災後に再稼働した時は、同意範囲は立地自治体と県のみだったが、県と立地自治体以外の意向を尊重することを求める県内自治体が多い実態が浮かび上がった。

 「30キロ圏内」としたのは熱海市、川根本町など7市町。斉藤栄・熱海市長は「避難対象の住民の声が最も重要」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り5276文字(全文5529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. オリックス山崎福 「緩急はまった」充実の3勝目 好けん制にも助けられ

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです