メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳選挙権

投票率高めようと徳大生が活動 候補予定者招き座談会「若い世代に参加を」 /徳島

参院選の立候補予定者(手前)から考えを聴く徳島大の学生ら=徳島市南常三島町の徳島大常三島キャンパスで、数野智史撮影

 選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられる夏の参院選を控え、徳島大の学生十数人が若い世代の投票率を高めようと、団体「TYME(タイム)」を結成した。ほとんどのメンバーは18、19歳で、初めて参加する選挙に向け、立候補予定者との座談会などを開き、同世代に選挙への関心を持ってもらおうと活動している。【数野智史】

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです